ライディング

バイクのライディングについての考察です。
更新日 2016-02-14

ブレーキング

多くの方は前に走る事、そして曲がる事を最初に覚えようとします。でも私は最初はブレーキングをマスターすべきだと思います。

フロントブレーキを目一杯使う

ここで取り上げるブレーキングは前輪ブレーキの扱いです。後輪に比べて制動力があるからです。まずは見通しが良く交通量のほとんど無い道で練習しましょう。40〜50km/h から完全停止までの フルブレーキングです。感触を徐々に掴んでいきます。ブレーキは熱くなると効きが悪くなったりします。その違いも把握できる位強くかけます。フロントフォークの沈み込みに合わせるように やさしく握りこみます。また体が持って行かれないように上腕で支えます。

コーナーリングしながらのブレーキング

フロントブレーキを握りながら倒しこみます。この時最後の最後までブレーキを引きづってみます。思いの外クイックに曲がれる事に気付くと思います。フロントブレーキをコーナーリング中にも 強く握れるようになると曲がりこんだカーブなどでヒヤリとする事も無くなります。

緊急回避の為に

バイク事故の多くは悲惨な結果になりますが、そのほとんどは減速していれば回避できたり被害を軽減できるものです。転ぶにしてもその直前まで出来る限りの減速を行う訳です。バイクは車より 急減速できないと言われてますが、直線でブレーキング勝負したら決して引けをとらないと思います。教習所ではもっとフルブレーキングの練習をやるべきではないでしょうか?

コーナーリング

あまり速度を出さない方が良いでしょう。見通しが悪い道ではちゃんと減速しましょう。それで煽ってくる車なら先に行かせましょう。安全運転でセーフティ・ジェントルライディングです。

車線変更

速いバイクでは後方に気を使わなくて楽なんですが、遅いバイクでは注意が必要です。ミラーではいまいち把握できない場合は、お尻をずらして首を振って確認しましょう。ただし後方確認に 気を取られて前方不注意にもならないように。あまり余裕が無い時は、無理せずルート変更して対応しましょう。

追い抜き

ゆっくり走っていても、なおも鈍い車に遭遇する時はあります。一気に追い越せなかったらちゃんと減速しましょう。近づくとプレッシャーをかけてしまいます。タイミングが来たら、その段で 追い抜きしましょう。