経済関係

バブルとデフレ

その発生のメカニズムを多角的に分析した本です。経済的な事だけでなく、社会の文化の変化にもつっこんで書かれてます。バブル期に学生 であった当時の自分には、永遠に続くと思った高度経済成長がこれほど露骨に低迷し変化するとは思いもしませんでした。この本を読めば、 その背景を知る事ができます。分かりやすく書かれています。

欲望と資本主義

資本主義がなぜ成功し突き進むのか。歴史やメカニズムについての考察もさる事ながら、より本質的な人間の持つ欲との繋がりを解明する本と なっています。常々考えたいた事が系統立てて説明されており、極めて興味の尽きない内容となっています。しかし難解なテーマを分かりやすく 書かれている為に、総論として資本主義を定義するのは難しかったようです。
現代資本主義にあってマルクス資本論で予見されない「消費者」に関しての説明や、資本主義の進む未来について考えさせられる一冊でした。

株式会社とは何か

行革と規制緩和の経済学

今こそマルクスを読み返す

日本的市場経済システム

ロシア市場経済の迷走

為替市場の読み方

21世紀の経済学

デジタル産業革命

欲望と資本主義

メディア資本主義

日本の企業発展史

ケインズを学ぶ

社会主義市場経済の中国

サラリーマン社会小事典

MBA アメリカのビジネス・エリート

国際政治

アメリカ合衆国大統領

共和党と民主党

ユダヤ人とドイツ

�ケ小平

アラブとイスラエル

ベトナムの現在

新書アフリカ史

ロシアを読み解く

インドの歴史 多様の統一世界

インド対パキスタン

在日としてのコリアン

心理学

知のソフトウェア

能力主義の心理学

心配性の心理学

電脳遊戯の少年少女たち

優生学と人間社会

つきあいの心理学

むなしさの心理学

心配性の心理学

軍事

北朝鮮データブック

日本の安全保障

ユーゴ紛争 多民族・モザイク国家の悲劇

CIA 変貌する影の帝国

最新・アメリカの軍事力

日本の軍事システム

アメリカの軍事戦略

七三一部隊

その他

これで通じる超・慣用英会話