Squid

Squid はLinux で動作するProxy サーバーです。高機能ですが、ドキュメントが充実しているため扱いは容易です。
更新日 2016-02-13

概要

Squid はプロキシ・キャッシュサーバーです。さまざまな用途がありますが、主にウェッブサーバー向けに使われます。

インストール

yum で楽々インストール。
yum install squid -y

透過型プロキシサーバーとして使う

透過型プロキシとは、ウェッブページへの取得を代行してくれるサーバー機能の事です。キャッシュ機能が有効ならレスポンスの向上が望めます。 インストール直後から動作可能です。

アクセス許可を設定する

デフォルトではAccess Denied となります。今回は192.168.24.0/24 ならびに192.168.23.0/24 からのアクセスのみ受け付けるようにします。
vi /etc/squid/squid.conf

 #acl our_networks src 192.168.1.0/24 192.168.2.0/24
 #http_access allow our_networks
 // ↓ 以下に変更
 acl our_networks src 192.168.23.0/24 192.168.24.0/24
 http_access allow our_networks


// 再起動
service squid restart
後はブラウザのプロキシにsquid の動いているサーバーのIP アドレスとポート(デフォルトでは 3128)を設定するだけです。
通常、CTU の設定画面はリモートからは扱えません。ところがCTU 配下のサーバーにsquid が動いていれば、それを経由する事でもれなく 設定画面に辿りつけます。