LED ライトを作る

LED とはLight Emitting Diode の略で、発光ダイオードの事です。半導体によって電気のエネルギーを光として直接出す為、効率が良いのが特徴です。
更新日 2016-02-13

LED の基礎

通常のLED は単色で、足が二本あります。ダイオードですので極性があります。順方向電圧が決まっていて、 それ以下の電圧では通電しません。本体の抵抗は極めて少ない為、別途抵抗や電流をCRD(定電流ダイオード)を用いなければなりません。
監視カメラの夜間撮影用には赤外線 (Infra Red) LED が用いられています。

抵抗の計算


LED にはそれぞれ規定の順方向電圧降下があります。抵抗は直接繋ぐので、この電圧降下と電源電圧の差が抵抗にかかる電圧です。 V=RI の法則により抵抗値が求まります。大抵のLED は20mA 程度で使います。