SLibrary について

SLibrary は著者ASTが作ったオリジナルの汎用ライブラリです。VisualC++ での利用を想定しています。
更新日 2014-07-29

概要

Win32SDK から使えるオリジナルの汎用クラスライブラリです。以下の特徴があります。

ヘッダファイルで提供

全てのソースがヘッダファイルに書いてあります。#include するだけで使えます。インラインによる速度向上も期待できる?

依存性を抑えた実装

利用目的毎にクラスで実装しています。MFC ほど依存はしていません。SLibrary 間の依存は多少残ってますが・・・。

開発終了

作者がC#に鞍替えしたのに伴い、開発・サポートは終了しました。

ご利用について

SLibrary は利用目的フリーでお使いになれます。バグ等による損害は補償致しかねますので、必ず各人の責任においてご利用くださいませ。

ダウンロード

左のメニューより各クラスの紹介ページに飛んでソースコードをダウンロードしてください。